TOPICS
Apple M1チップ搭載Mac対応Bulk Petドライバー公開について
ニュースリリース 2021年7月9日

Apple M1チップ搭載Mac対応
Bulk Petドライバー公開について

  • Share
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

SOUND WARRIOR Desktop-AudioシリーズのUSB D/Aコンバーター「SWD-DA15」「SWD-DA20」について、Apple社のmacOS Big Sur及びM1チップに対応するBulk Petドライバーを2021年7月9日(金)より公開いたしました。

これにより、従来のIntelチップ搭載Macだけでなく、Apple M1チップ搭載MacでもBulk Pet転送をお楽しみいただけるようになります。
なお、Bulk Pet転送をご使用にならない場合、Macとの接続にはドライバーは不要です。

Mac用Bulk Pet対応ドライバーはSOUND WARRIORブランドサイトよりダウンロードいただき、Macにインストールしていただくことで、Bulk Pet転送をご使用いただけます。

ドライバーは下記URLより「Mac用Bulk Pet対応ドライバー」をクリックしてダウンロードしてください。
・SWD-DA15 https://soundwarrior.jp/support/download/392/#swd08
・SWD-DA20 https://soundwarrior.jp/support/download/392/#swd03

■Bulk Pet(バルクペット)とは
USB Audioのデータ転送方式として一般的なIsochronous(アイソクロナス)転送ではなく、インターフェイス株式会社が開発したBulk転送による独自の音声伝送技術です。
Isochronous方式は短時間で大量のデータを処理し、間欠的に転送する為、Host側CPUとDevice側CPUに高い処理負荷がかかります。その結果、音質にも影響を及ぼします。
「Bulk Pet」方式は、転送するデータを出来るだけ少なくし、連続的なデータ転送にすることによって、処理するデータ量を平均的にすることが可能になります。
これにより、Host側・Device側CPUの処理負荷の変動が少なくなり音質の改善を可能にする、画期的な転送方式です。
Bulk Petについての詳細は、インターフェイス株式会社のWEBサイトをご参照ください。

SWD-DA15及びSWD-DA20では、お使いのPC(Windows、Mac)にドライバーをインストールすることでBulk Petに対応します。


※Bulk Petはインターフェイス株式会社の登録商標です。
 

Popular Keywords

このページのトップへ