【オーディオTips】小型スピーカーに豊かな低音を与える、パッシブラジエイターの魅力

いままでも、SOUNDWARRIOR製品の開発の経緯や、製品の特徴を含めたいろいろな音響機器開発の技術的な記事を掲載してきましたが、今後は【オーディオTips】というコラム記事として掲載してまいります。そして今回は、すでに弊社スピーカー製品『SW-SP1』で採用しているパッシブラジエイターの魅力についてご案内します。


さて、小型スピーカーの宿命として、低音が貧弱になってしまうという事実があります。楽器をイメージするとわかりますが、楽器は大きくなると低い音が出ます。例えば、コントラバス、大太鼓、チューバ、他にはピアノの低音は長い弦を叩いていますし、教会のパイプオルガンは十メートルの管に空気を送り込んで超低音を出します。これは物理的原理なので如何ともしがたい事実で、小さなスピーカーユニット(小口径ユニット)は低音を出すのが苦手なのです。でも、こんな小口径ユニットも低音の信号が入ってくるとなんとか鳴らそうと必死にけなげなほどゆっくりと大きな振幅を繰り返すのです。でも、小さな振動板では回りの空気を震わすことが出来ず、残念ながら低音として認識するような音にはなりません。これが”空振り現象”です。

長いオーディオの歴史の中で、小さくても低音が出るスピーカーシステムをつくろうと、色々な方が努力してきました。その一つが「バスレフレックス・タイプ(バスレフ型)」と言われるスピーカーシステム。もう一つが「パッシブラジエイター・タイプ(ドロンコーン型)」というスピーカーシステムです。いずれも比較的小さなボックスでもそれなりに低音を鳴らすことができる仕組みですが、その原理は物理の授業になってしまうので説明は省きますが、ようはスピーカーの背面の音を利用して低音を増強しようとする仕組みです。

そもそもスピーカーユニットは、音の信号を受けてコーン紙と言われる部分が振動し、空気を震わせて波にかえ音に変えてます。このときにスピーカーからは前にも後ろにも音は出るために、前と後ろでは位相が逆の音が出ており、前と後ろの音が混合すると、下図左のように波が干渉して打ち消し合い、昭和のラジオみたいな細く小さな音になってしまいます。

これを解消するために登場したのが、スピーカーボックスです!スピーカーボックスにスピーカーユニットを取り付け、スピーカーユニットの前の音と後ろの音が干渉しないようにさえぎることで、打ち消し合いがなくなりスピーカーが本来出している大きな音量になります(上右図)。しかし、この方法だとボックスの内側のユニット後面の音は、ボックスに密封されて利用されずもったいない状況になります。

そこで、考えられたのがスピーカーの後ろ側の音を積極的に利用しようという試みです。
まず、そのためには逆の位相ででている後ろ側の音を位相反転して表に出してあげることだけでなく、前側に出ている音で十分に量感が稼げなていない低音部を増強できれば一石二鳥。そんな発想で考え出された仕組みがバスレフ型スピーカーシステムです。このシステムは、ボックスに適切なバスレフポート(管状の穴)をあけ、そこから出る音で低域を補強します。このシステム実際に上手に設計すれば、かなりの効果が得られますが、穴の計算と設計が難しいため、狙っていない中高音が漏れ出たり、風切り音がしたりと中々難しかった。

パッシブラジエイター型も原理としては全く同じですが、バスレフ・ポートの役割をパッシブラジエイターに置き換えたものでした。パッシブラジエイターとは、スピーカーユニットの電気的駆動部分を取り除いた「スピーカーもどき」のようなモノで、別名「ドロンコーン=怠け者のコーン」と言われています。その由来は、みずからが能動的に動いて音をだすことはできず、回りの空気振動(他のスピーカーユニットの振動)に共鳴して動くことで、受動的に音を出す仕組みでした。このドロンコーンを低域発生に有利な特性に設計し、前述した小型ユニットの弱点の低域の”空振り現象”を、スピーカー背面の音を有効につかってドロンコーンを揺らして低域を補完します。

業界ではパッシブラジエイター型の特徴として『やや密閉寄りのタイトな音で、かつ密閉よりは低音の量感が出せ、中高域の漏れが少ないために全体的にクリアになる』と難しく言われてますが、わかりやすく言えば『上手くつくれば、タイトでクリアで広帯域を鳴らすスピーカーになる!』ということです!

前置きが長くなりました。

というわけで、ここからが本題です(笑)

パッシブラジエター型を採用した、当社のスピーカー製品のご紹介になります。今回、ご紹介する『SW-SP1』は、上記のパッシブラジエイター・タイプの特徴を最大限に生かすよう開発されたスピーカーシステムです。

SW-SP1フロント

約 W150×H180×D240mm とデスクトップにも置ける小型サイズで、小型ウーファー(中低音用)とツイーター(高音用)、更にボックス裏面全面を使ったパッシブラジエイター(ウーファ―ユニットの倍を超える面積)を配した、2Way+パッシブラジエイター型スピーカーシステムです。(図-6)

SW-SP1の背面

最近のドロンコーンを使ったスピーカーシステムは、アンプ内蔵型(アクティブスピーカー)が多く、低音をアンプ側で増強し強制的にドロンコーンを駆動さているため不自然な低域感になりがちです。このSW-SP1は本来のパッシブスピーカーとして機能してますので、使われるアンプの特性をそのまま表現でき、よりアナログ的で自然な響きに向いています。特に、本スピーカーシステムのために独自設計されたドロンコーンの音響特性は、フロントに付けられた小型ウーファーユニットの特性と丁寧にあわせて、つくり込まれています。
また、通常ドロンコーンのサイズは対象ウーファーユニットの同サイズか多少大きめが一般的な面積ですが、本機ではフロントのウーファーの倍以上の面積をもたせ、ネットワーク回路の最適化も施され、より低域再生に特化した設計になっています。
このような様々な工夫により、このサイズからは想像のできないスケール感と広帯域再生、余裕のある自然な響きを実現しました。是非一度お試しいただき、手軽なのにワンランク上の実力を持つスピーカーシステムとしてごお使いいただければ幸いです。

※台数限定ですが現在SHIROSHITA DIRECTでは、お得な訳ありアウトレット製品の販売も行っておりますので、こちらも御覧ください。

製品のご購入

関連記事

おすすめ記事
特集記事
  1. 鈴鹿8時間耐久レース参戦の【チーム長野】に提供したヘッドセットSW-TR2改について

  2. 【オーディオTips】小型スピーカーに豊かな低音を与える、パッシブラジエイターの魅力

  3. SWユーザー訪問:第1回/軽井沢スタイルハウス 千葉さん

  4. SWヘッドセットシリーズは【耐久性】【快適性】の両立が目標でした!

  5. ネットミーティングにおすすめするヘッドセットは?

  6. SW-HP&SW-HSコンセプトノート:第4回「SW-HPの新しい挑戦、セミオープン型ヘッドホンの誕生」

  1. リビングとオーディオの関係:第6回「デザイナー・イラストレーター田阪さんの場合」(後編)

  2. リビングとオーディオの関係:第5回「デザイナー・イラストレーター田阪さんの場合」(前編)

  3. リビングとオーディオの関係:第4回「デザイナー・カフェオーナー水井さんの場合」(後編)

  4. リビングとオーディオの関係:第3回「デザイナー・カフェオーナー水井さんの場合」(前編)

  5. リビングとオーディオの関係:第2回「インテリアデザイナー堀内さんの場合」(後編)

  6. リビングとオーディオの関係:第1回「インテリアデザイナー堀内さんの場合」(前編)

TOP
SHIROSHiTAダイレクト 製品登録 サポート twitter facebook お問い合わせ