Apple M1チップ搭載Mac対応Bulk Petドライバー公開について

これにより、従来のIntelチップ搭載Macだけでなく、Apple M1チップ搭載MacでもBulk Pet転送をお楽しみいただけるようになります。
なお、Bulk Pet転送をご使用にならない場合、Macとの接続にはドライバーは不要です。
Mac用Bulk Pet対応ドライバーはSOUND WARRIORブランドサイトよりダウンロードいただき、Macにインストールしていただくことで、Bulk Pet転送をご使用いただけます。
ドライバーは下記URLより「Mac用Bulk Pet対応ドライバー」をクリックしてダウンロードしてください。
・SWD-DA15 https://soundwarrior.jp/support/download/392/#swd08
・SWD-DA20 https://soundwarrior.jp/support/download/392/#swd03
■Bulk Pet(バルクペット)とは
USB Audioのデータ転送方式として一般的なIsochronous(アイソクロナス)転送ではなく、インターフェイス株式会社が開発したBulk転送による独自の音声伝送技術です。
Isochronous方式は短時間で大量のデータを処理し、間欠的に転送する為、Host側CPUとDevice側CPUに高い処理負荷がかかります。その結果、音質にも影響を及ぼします。
「Bulk Pet」方式は、転送するデータを出来るだけ少なくし、連続的なデータ転送にすることによって、処理するデータ量を平均的にすることが可能になります。
これにより、Host側・Device側CPUの処理負荷の変動が少なくなり音質の改善を可能にする、画期的な転送方式です。
Bulk Petについての詳細は、インターフェイス株式会社のWEBサイトをご参照ください。
SWD-DA15及びSWD-DA20では、お使いのPC(Windows、Mac)にドライバーをインストールすることでBulk Petに対応します。
※Bulk Petはインターフェイス株式会社の登録商標です。
]]>

関連記事

おすすめ記事
特集記事
  1. 鈴鹿8時間耐久レース参戦の【チーム長野】に提供したヘッドセットSW-TR2改について

  2. 【オーディオTips】小型スピーカーに豊かな低音を与える、パッシブラジエイターの魅力

  3. SWユーザー訪問:第1回/軽井沢スタイルハウス 千葉さん

  4. SWヘッドセットシリーズは【耐久性】【快適性】の両立が目標でした!

  5. ネットミーティングにおすすめするヘッドセットは?

  6. SW-HP&SW-HSコンセプトノート:第4回「SW-HPの新しい挑戦、セミオープン型ヘッドホンの誕生」

  1. リビングとオーディオの関係:第6回「デザイナー・イラストレーター田阪さんの場合」(後編)

  2. リビングとオーディオの関係:第5回「デザイナー・イラストレーター田阪さんの場合」(前編)

  3. リビングとオーディオの関係:第4回「デザイナー・カフェオーナー水井さんの場合」(後編)

  4. リビングとオーディオの関係:第3回「デザイナー・カフェオーナー水井さんの場合」(前編)

  5. リビングとオーディオの関係:第2回「インテリアデザイナー堀内さんの場合」(後編)

  6. リビングとオーディオの関係:第1回「インテリアデザイナー堀内さんの場合」(前編)

TOP
SHIROSHiTAダイレクト 製品登録 サポート twitter facebook お問い合わせ